車の買取契約後に買取金額を減額されないためにはどうすれば良いか?

カテゴリ: くるまを売る   
キーワード:

車買取査定のトラブルで、実際に支払われる金額が、実車を査定をしてもらった時に提示された金額より減額されてしまうことがあります。

車を引渡した数日後、「詳しく調べたところ、別にも不具合が見つかったので、買取金額を減額します」と連絡が来るのです。

このトラブルの回避方法について解説致します。

車を引渡した後に買取業者から買取金額の減額をされる

博士、こんにちは。

車の一括査定を利用する前に色々とインターネットで調べていたら、「車の買取査定のトラブルで、実際に支払われる金額が、実車を査定をしてもらった時に提示された金額より減額されてしまった」という話が載っていたんです。

私が一括査定をした時は、そのようなトラブルはなかったのですが、そんなことってあるのですか?

なおきくん、こんにちは。

車の買取金額を決めるために車を実際に確認する時間はおおよそ15分程度。長くても30分なんだ。

確かにそうですね。私の車を実際に査定してもらった時は30分程度でした。

エンジンの調子を見るためにエンジンをかけることはあるけど、実際に運転することはないと思うよ。

試乗は、しなかったですね。

買取会社が提示した買取金額に納得して契約したとするね。

そして、車を引渡した数日後、「詳しく調べたところ、別にも不具合が見つかったので、買取金額を減額します」と連絡が来ることがあるんだ。

私たち一般ユーザーからしてみれば、「プロが車を実際に査定しているんだから、後になって不具合が見つかったからって、買取金額を下げると言われても困る」と思うよね。

博士、そのとおりですよ!契約した後にそんなこと言われても困ります!

でも、15分程度ではおおよその部分しかチェックできないのが実情なんだ。

だから、実車査定時には見つからなかった不具合が後に発見されて、このような事態になってしまうことはあり得ることなんだ。

契約後の買取金額減額をする車査定業者とは取引しない

車を買取会社に引渡した後、「後で不具合が見つかった」と言われても、一緒に確認しているわけではないので、本当に不具合があるのかも分からないよね。

すでに、車は売る契約をして買取会社に渡してしまっているので、売った側であるユーザーは限りなく不利な状態になってしまうんだ。

どうすればいいのでしょうか?

それでは、「車引渡し後の減額請求のトラブルを回避する方法はあるのか?」と言うことになるよね。

その方法は、実際に車を査定する前に、「契約した後に査定金額の減額ってあるのですか?」と買取会社の担当者に確認するんだ。

「場合によっては、減額するかもしれない」と回答してきた買取会社とは取引をしないことだね。

トラブルになりそうなことを事前に予防すると言うことですね。

そのとおりだよ。トラブルに遭わないためには、トラブルになりそうなことが事前に想定されるのであれば、それを回避することが大切なんだ。

それで、「車引渡し後の買取金額の減額はしません」と言ってきた買取会社については、「契約締結後の買取金額の減額請求は行なわない」という文章が契約書に入っているかを確認すること。

もし入っていなければ、その文章を契約書に記載してもらうようにすること。もし記載できないと言われたら、その買取会社とも取引をしないようにすること。

きちんと契約書に書いておいた方が、トラブルにならないということですか?

そうだね。口約束だと後で「そんなこと言っていない」と言われてしまう可能性もあるからなんだ。

だから、「契約締結後の買取金額の減額請求は行なわない」という文章を契約書に書いておくことが重要なんだ。

トラブルになりそうな買取会社と、わざわざ取引する必要もないですからね。

車の一括査定サービスを活用することで買取りしてくれる会社を確保する

でも、ちょっと不安なことがあります。

どんな不安かな?

トラブルを恐れて取引しないようにすると、車を買い取ってくれる買取会社がなくなってしまいませんか?

そう思うのも当然だね。

でも今は、1社だけで車の買取査定をするのではなく、一括査定を利用して複数の買取会社に査定を依頼するわけだから、その中にはきちんとした買取会社もあるので、そういう会社と取引した方が安心できるよね。

ですよね。安心できる買取会社とやり取りした方がいいです。

今まで話したとおり、想定されるトラブルは事前に排除していけば、安心した取引ができるようになるよ。

これは車を売る時だけでなく、日常生活全般についても言えることだよね。

車の売却は車買取一括査定を使って一番高い業者で売るのが断然お得!